第36回日本感覚統合学会研究大会in 奈良

The 36th Japanese Academy of Sensory Integration Congress in Nara

演題募集・演題登録▷ ページを更新する

オンライン演題登録

■ 演題名の登録期間

※ 演題名の登録期間を6月15日(金)まで延長しました。

615日(金)

2018年416日(月) ~ 5月11日(金)

■ 抄録本文の登録期間

2018年416日(月) ~ 615日(金)

■ オンライン登録はこちら
  • 新規登録画面へ
  • 確認・修正画面へ

演題募集について

演題は、感覚統合に関連するオリジナルな演題を募集します。

演題・抄録は2018年4月16日(月)よりオンラインで受け付けます。

ご不明な点は研究大会事務局までお問い合わせください。

なお、パスワードはご自身で管理してください。

演題募集資格

研究報告・実践報告の発表者(筆頭演者)は、本学会の会員に限ります。

(注)会員番号の確認
会員番号は8ケタの番号になっています。最新の会員番号をご確認ください。

※会員番号不明の場合は、会報等の送付封筒にて確認していただくか、学会事務局にお問い合わせ下さい。

演題募集要項

  • 演題名募集期間:2018年4月16日(月)~5月11日(金)6月15日(金)
  • 抄録本文受付期間:2018年4月16日(月)~6月15日(金)
  • 発表者と所属機関:筆頭演者と共同演者を合わせて5名以内、5施設以内
  • 演題名:全角50文字以内
    英文でも表記してください。 ※20words以内

  • 抄録本文:全角1600文字 英文600word
    ※図表を掲載する場合は1000文字以内 英文350word
    ※図表は1MBまでのPDFファイル1点のみです。複数の図表は一つにまとめてください。

  • 発表形式:口述、ポスター
  • 分類:研究報告、実践報告
  • 抄録作成要領

    1)抄録本文には以下の内容を記述してください。
    【はじめに】【方法】【結果】【考察】

    2)研究ならびに実践における倫理的配慮(下記参照)を必ず記載してください

演題内容に関わる倫理的事項

  • 対象者の同意

    「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(文部科学省・厚生労働省)などを遵守し、本文に倫理的配慮について記載して下さい。特に対象者の同意に関する記載は必須です。同意に関する記載がない場合は内容にかかわらず不採択となります。

  • 最大限の倫理的配慮

    研究の計画・実行・分析・演題作成の過程では、個人の尊厳、人権の尊重に最大限の注意を払って下さい。所属する大学・病院などに倫理審査委員会がある場合は、審査を受けてその旨を記載してください。ただし、固有の委員会名などは記載しないでください。

  • 利益相反(COI)の申告

    発表演題に関連して、企業や営利団体などから金銭などの提供を受けた場合や受け取る予定のある場合は申告する必要があります。登録画面で利益相反の有無を申告し、発表時に利益相反の有無を述べてください。

  • 著作権への配慮

    他の著作物からの引用は、本文中に(著作名/フルネームと発行年数/西暦)を明記し、著作権を侵害しないよう注意してください。

演題・抄録の登録

演題・抄録の登録は、オンライン登録システムを利用し、本公式サイトからのみ登録が可能となっております。締め切り間際には、混雑が予想されます。できるだけ早い時期での登録をお願いいたします。

オンライン登録後は、必ず登録確認画面をプリントアウトし、保管しておいてください。また確認・修正画面より、登録番号とパスワードを用い、登録されている内容をご確認ください。抄録本文の登録および修正には登録番号とパスワードが必要です。登録番号とパスワードはご自身で管理してください。

査読

登録された演題は、抄録構成の適切性、倫理的整合性、倫理的配慮の視点での査読を行います。査読後に修正および加筆が必要な方には、E-mailにてご連絡します。

演題採否

演題の採否に関しては大会長にご一任ください。採否結果については、本公式サイトにてお知らせいたします。演題内容によっては発表形式を変更させていただく場合もございますので、ご了承ください。

発表

1)口述発表

発表時間は発表10分、質疑応答3分の合計10分の予定です。

発表はPCでのプレゼンテーションに限ります。パソコンは、Windows10、PowerPoint2013となっております。自身のパソコンの持ち込みはご遠慮ください。

発表は日本語・英語どちらでも可能です。

※当日までに郵送等での発表スライドの提出は必要ありません。詳細は【発表者の皆様へ】にてご確認ください。

スペシャルセッション

全応募演題の中から優秀な演題を選び、スペシャルセッションを構成します。演題の発表時間は10分、質疑応答は5分です。演題の選考は奈良大会実行委員で行います。

2)ポスター発表

発表は座長をたてて行います。発表時間は発表10分、質疑応答3分です。発表者は指定された時間にポスターの前に立ち、発表を行ってください。ポスターの本文(図表・写真を含む、縦180cm、横90cm)とポスター上部の演題名・所属・氏名は演者に作成いただきます。ポスター作成要領については【発表者の皆様へ】にてご確認ください。

問い合わせ先

第36回日本感覚統合学会研究大会演題係

E-mail:enndai2018.nara@gmail.com
奈良県総合リハビリテーションセンター 佐藤夏紀

※お問い合わせはメールのみでお願いします。

※件名の最初に〔演題問い合わせ〕と記載してください。

PDFダウンロード

開催会場

奈良県文化会館

〒630-8213
奈良県奈良市登大路町6−2
(近鉄奈良駅より徒歩5分)

☞ HPはこちら

事務局

第36回日本感覚統合学会研究大会事務局

〒636-0815
奈良県生駒郡三郷町勢野北4丁目13番1号
ハートランドしぎさん
子どもと大人の発達センター

第36回日本感覚統合学会研究大会事務局
伊藤 優

E-mail:nara.taikai.2018@gmail.com

▲ TOP